残業の減少理由「残業規制による強制的な退社」が最多〜ミドル2000人に聞く「残業時間」実態調査より〜

  • 2019.05.17 Friday
  • 10:18

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営するミドル世代向け転職サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に、「残業時間」についてアンケート調査を実施しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

【自社の残業時間の増減傾向】

○5割が「変わらない」と回答。

○残業時間が減少傾向の業種は「金融」「IT・インターネット・ゲーム」「広告・出版・マスコミ」。

○増加傾向は「メディカル」「流通・小売・サービス」「物流・運輸」。

 

【残業時間の増加理由】

○増加理由は「社員の退職・異動」、減少理由は「残業規制による強制的な退社」が最多。

 

【月間の残業時間】

○3割が「月間40時間以上残業している」と回答。

 

【残業規制について】

○7割が残業規制や撤廃に賛成。

○賛成の理由トップ3は「自分の時間ができる」「業務効率が上がる」「周囲を気にせず退社できる」。

○一方、「サービス残業を助長する」「残業代がなくなり収入減になる」といった反対の声も。

 


 

残業時間が減少傾向となっている理由は、「残業規制による強制的な退社」が最多となりました。

 

当然のことですが、罰則付きの法律改正の効果は大きいようですね。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/17005.html

 

2019年度「新入社員意識調査」〜一般社団法人日本能率協会より〜

  • 2019.05.15 Wednesday
  • 10:37

一般社団法人日本能率協会(JMA)では、提供する新入社員向けセミナーの参加者を対象に、仕事や働くことに対してどのような意識を持っているか調査を実施しました。

本調査は、2019年3月28日〜4月9日にインターネット調査で実施し、384人から回答を得ています。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

1.変化の時代に高まる不安?

○新しい元号への期待:「どちらとも言えない」が約4割。

○今の気持ちを表す漢字にも、「不」が増加。変化の激しい時代における「不」安の表れか。

 

2.仕事をしていく上で不安に感じていること

○「仕事での失敗やミス」と「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」が同率トップに。

○意欲はあるものの失敗を恐れる傾向。

 

3.転職を考えるシチュエーション

○「パワハラやセクハラにあったとき」が断トツに。女性の8割にのぼる。

○働き方・職場環境に、より一層目を配る必要性あり。

 


 

転職を考えるシチュエーションでは、下記グラフの通り、「パワハラ」「セクハラ」が大きな割合を占めています。

 

調査内のコメントにもありますが、働き方や職場環境に対して、より一層の配慮が必要ですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://jma-news.com/wp-content/uploads/2019/04/fac2903e1f29d88bed975a9cfb3052de.pdf

 

 

「有給休暇取得の義務化」4社に1社が否定的〜「有給休暇の取得義務化」実態調査より〜

  • 2019.05.14 Tuesday
  • 09:40

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営する人事向け総合情報サイトを利用する企業を対象に、「有給休暇の取得義務化」についてアンケート調査を実施しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○有給休暇の取得義務化の認知度は9割以上。

○4社に1社が義務化に否定的。

○7割が「有給休暇の取得を促進している」と回答。業種は「金融」「商社」「IT」。

○一方、促進していないのは「広告」「流通」「不動産」。

○有給休暇の取得義務化への課題は、「人手不足」「業務の偏り」。

 


 

約4分の1の企業が、義務化に否定的な考えを示しています。

 

反面、7割の企業では有給休暇の取得を促進していると回答しています。

罰則付きの法律が施行された影響でしょうか。

この流れは止められませんね。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/17179.html

 

労働保険『年度更新申告書の書き方』ダウンロード開始

  • 2019.05.13 Monday
  • 10:03

今年度の「労働保険年度更新の書き方」リーフレットが、厚生労働省のホームページよりダウンロードが開始されました。

 

 

労働保険料の申告・納付は、毎年6月1日〜7月10日までの期間となっています。

お早めにご準備下さい。

 

リーフレットは、下記のサイトよりダウンロードできます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/gyousei/index.html

 

従業員研修の実施状況に関するアンケート結果

  • 2019.05.10 Friday
  • 10:06

東京商工会議所では、従業員研修の実施に関する動向やニーズを把握するための調査を実施しました。

対象は、自社主催の研修講座に参加した企業1000社となっています。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

1.2018年度研修費用の前年度比

○半数に迫る企業が「増加」を選択。

○選択の理由は「人材育成への経営者の関心が高まったため」が最も多く、次いで「研修を受けさせる対象者層が広がったため」となった。

 

2.2019年度研修予算の前年度比

○「減少」を選択した企業は僅か。

○2018年度に引き続き、研修費用の増加傾向が見込まれる。

 

3.社外研修受講前と受講後の取り組み

○社外研修受講前は「特に何もしていない」が4割。

○一方、受講後は「特に何もしていない」は1割に満たず、「受講者から上司への報告(書面)」、「同僚・部署内での情報共有」の回答が上位。

 

4.今後重点的に育成したい階層と身につけさせたいスキル

○階層は、「中堅社員」「管理職候補」「若手社員」が上位。

○身につけさせたいスキルでは、「中堅社員」より上の全ての階層において、「部下・後輩の指導・育成力」の回答が50%を超えた。

 


 

今年度においても、多くの企業で従業員研修への意欲は高いようですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=1016933

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM