職場に「目標にしたい人がいるか」が転職意向に影響〜「入社半年・2年目若手社員意識調査」より〜

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 10:02

一般社団法人日本能率協会では、入社半年・2年目を迎えた若手社員を対象に、職場や仕事内容に対する考え、現状への満足度を探ることを目的として意識調査を実施しました。

対象は、全国の20歳〜29歳までの勤続年数が3年未満の若手社員400名となっています。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

1.職場に「目標にしたい人がいるか」が転職意向に影響

○入社半年・2年目の若手社員「職場内に目指したい上司、目標にしたい人がいない」57.0%。

○職場に目標にしたい人がいるかが転職意向に影響。

 

2.若手社員が留まる職場は、プライベートへの理解があり、人間関係が良好

○若手社員が留まる職場は、プライベートへの理解があり、人間関係が良好であることが多い。

 

3.仕事や会社に満足している人は、会社が「社会の役に立っている」と実感

○仕事内容・会社組織、ともに「満足」と回答した人が半数超。

○仕事・会社への満足度が働く目的を実感。

 

4.現在の職場での心境を漢字一文字で表すと

○現在の職場での心境を漢字一文字で表すと、「楽」「苦」「安」「疲」が上位に。

 


 

調査結果では、職場に「目標にしたい人がいる」ことが転職か否かの分かれ道であると分析しています。

以下、調査コメントより抜粋。

 

○職場に目指したい上司、目標にしたい人がいると回答した群と、いないと回答した群に分け、現在の転職意向を比較したところ、目標にしたい人が「いる群」では「転職することは考えていない」と回答した人が57.6%であるのに対し、「いない群」では38.6%と、19ポイントの差が生まれる結果になりました。

○「いない群」では、転職活動をしている・検討している人が6割を超えています。

○メンターやロールモデルなどの目指したい上司、目標にしたい人がいるかいないかが、若手社員の転職意向に大きく影響することが伺えます。

 

みなさんの会社には、若手が憧れる「カッコいい先輩」はいますか?

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://jma-news.com/archives/aw_newsrelease/2152

 

中途社員の定着「面談が最も有効」〜中途入社後活躍調査より〜

  • 2018.10.16 Tuesday
  • 10:39

株式会社リクルートキャリアでは、中途入社者が入社後に高い成果を出したり、長く働き続けたいと思うようになるにはどのような人事施策が有効なのかを明らかにすることを目的として、「中途入社後活躍調査」を実施しました。

調査対象は、従業員300名以上の企業に中途入社して5年未満の方、5,378名から回答を得ました。

調査結果から、中途入社者の定着・活躍には定期的な面談が最も有効であることが判明しました。

 

調査結果のポイントは、下記の通りです。

 


 

中途入社者の「パフォーマンス向上」には「人事との定期面談」

「離職意向度の低減」には「上司との定期面談」が有効

 

○「入社後の受け入れ施策の有無」は、中途入社者の「パフォーマンス」と「離職意向度」に影響することが確認できた。

○特に、「パフォーマンス向上」には「定期的な人事との面談」、「離職意向度の低減」には「定期的な上司との面談」が最も好影響だった。

○一方で、人事との面談実施率は低い結果となった。

 


 

下記一覧表は、中途入社者の受け入れ後の施策と、それぞれの影響度を示しています。

これを見ても、定期的な面談は「活躍」や「定着」に効果が高いことが伺えますね。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181009-02/

 

管理職希望の女性は25% 希望しない理由は「ワークライフバランスの不安」

  • 2018.10.05 Friday
  • 10:06

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営する女性向け求人情報サイト上で、「女性の活躍」をテーマにアンケート調査を実施しました。

調査から、管理職への志望意欲のある女性は全体の25%となっており、必ずしも高い数値とはいえない結果となっています。

また、志望しない理由として「ワークライフバランスの不安」がトップとして挙げられています。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○管理職への志望意欲、25%が「ある」と回答。

○志望する理由トップ3は「給与アップ」「仕事の幅の拡大」「責任ある仕事への挑戦」。

○一方、ワークライフバランスへの不安も。

 

○7割の女性が「女性が活躍している会社で働いたことがある」と回答。

○女性が活躍していると感じる理由は「女性管理職や役員がいる」「勤務年数の長い女性の数が多い」。

 

○会社で女性が活躍するために大切なこと、「産休・育休制度の使いやすさ」「柔軟な勤務体系」「平等な評価制度」。

 


 

下記のグラフでも示す通り、社内で女性が活躍するためには、子育てと仕事を無理なく両立できる柔軟な制度運用が求められているようですね。

また、短時間勤務や在宅勤務等の変則的な勤務形態でも、平等に評価される仕組みも多くの女性に求められる要素のようです。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14724.html

 

仕事でやりがいを感じることは?〜「仕事のやりがいと楽しみ方」調査より〜

  • 2018.09.11 Tuesday
  • 10:20

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営する求人・転職支援サービスのユーザーを対象に「仕事のやりがいと楽しみ方」についてアンケート調査を実施しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○96%は「仕事にやりがいは必要」と回答。

○仕事にやりがいが必要な理由は、「仕事そのものが充実する」「自身の成長感を得たい」「存在価値を感じる」。

 

○仕事でやりがいを感じることで、男性より女性が重視するのは、

 「お礼や感謝の言葉」「仕事の成果を認められる」「尊敬できる人と一緒に働く」

 

○仕事を楽しむ工夫、

 男性は「いろいろな人と関りを持つ」

 女性は「人間関係を良くする」

 


 

仕事でやりがいを感じる点では、「お礼や感謝の言葉」「仕事の成果を認められる」等、他者から承認される点が上位にランクインされました。

 

給与等の目に見える報酬も大切ですが、「認める・労う」などの目に見えない報酬こそが、仕事のやりがいに繋がるということですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14502.html

 

人材育成の悩み「指導する人材が不足している」過半数〜平成29年度「能力開発基本調査」より〜

  • 2018.04.13 Friday
  • 10:03

厚生労働省では、2018年3月30日に 平成29年度「能力開発基本調査」の結果を取りまとめ公表しました。

この調査は、国内の企業・事業所と労働者の能力開発の実態を明らかにすることを目的として、平成13年度から毎年実施されています。

対象は、常用労働者30人以上を雇用している企業・事業所、および対象事業所に属している労働者となっています。

 

調査結果のポイントを抜粋すると、下記の通りです。

 


 

1.教育訓練に支出した費用の労働者一人当たりの平均額

〇企業がOFF−JTに支出した費用の労働者一人当たりの平均額は1.7万円(前回2.1万円)

〇企業が自己啓発に支出した費用の労働者一人当たりの平均額は0.4万円(前回0.5万円)

 

2.人材育成の実施状況

〇正社員に対してOFF−JTを実施した事業所は75.4%(前回74.0%)

〇正社員以外に対してOFF−JTを実施した事業所は38.6%(前回37.0%)

〇人材育成に関して何らかの「問題がある」と回答した事業所は75.4%(前回72.9%)

〇問題点として多い回答は、「指導する人材が不足している」(54.2%)、「人材育成を行う時間がない」(49.5%)、「人材を育成しても辞めてしまう」(47.8%)

 

3.自己啓発の状況・課題

〇自己啓発を行った者は、正社員では42.9%(前回45.8%)、正社員以外では20.2%(21.6%)

〇自己啓発を行う上で「問題がある」と感じる者は正社員で78.9%(前回78.4%)、正社員以外で70.7%(前回70.3%)

〇問題点の内訳は、正社員・正社員以外ともに「仕事が忙しく自己啓発の余裕がない」(正社員:57.5%、正社員以外:40.4%)が最も多い。その次に多い回答は、正社員では「費用がかかりすぎる」(28.0%)、正社員以外では「家事・育児が忙しくて自己啓発の余裕がない」(34.7%)

 


 

人材育成の重要性は認識しているものの、指導する人材が育成できていないという皮肉な結果ですね。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000200645.html

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM