大学生の就職内定率、91.9%で調査開始以来過去最高(平成31年2月1日時点)

  • 2019.03.22 Friday
  • 10:31

厚生労働省と文部科学省では、平成31年3月大学等卒業予定者の就職内定状況を調査。

平成31年2月1日現在の状況を取りまとめ、公表しました。

結果、大学生の就職内定率は91.9%となり、調査開始以降、同時期で過去最高となりました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○大学(学部)は91.9%(前年同期比0.7ポイント上昇)

○短期大学は91.0%(同1.1ポイント上昇)

○大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では92.2%(同0.6ポイント上昇)

○大学等に専修学校(専門課程)を含めると91.7%(同0.7ポイント上昇)

 

 

 


 

詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815_00004.html

リファラル採用で声をかけられた人の実態調査

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 09:52

株式会社リクルートキャリアでは、自社が運営するリファラルリクルーティング支援サービスにて、リファラル採用に関する調査を実施しました。

リファラル採用とは、自社の社員に知人を紹介してもらい行う採用方法をいいます。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

知人から、知人の会社に誘われた人のうち、実際に選考を受けた人は2人に1人だった

○知人に「自社にこないか?」と誘われた経験がある人のうち、その会社の選考を受けた人は54.8%と、2人に1人が選考に進んでいることが明らかになりました。

○また、誘われた人からは、「評価されていることが嬉しかった」等、ポジティブなコメントが多くみられました。

 

選考を受けた人のうち、約7割は「その会社や事業に興味があったわけではなかった」

○「選考を受けた理由」については、70.2%が「以前から興味を持っていた訳ではなかった」と回答。

○転職者にとっては、「自分では想定していない選択肢との出会い」をもたらすことが多いという結果となりました。

 


 

レポートでは、知人の会社に誘われた経験のある人は約2割に留まっていることから、リファラル採用は今後広まる余地があると報告しています。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.recruitcareer.co.jp/news/20190304.pdf

 

「人手不足感」正社員・非正社員とも1月の過去最高を更新〜帝国データバンク調査より〜

  • 2019.03.04 Monday
  • 09:41

株式会社帝国データバンクでは、人手不足に対する企業の見解について調査を実施しました。

調査期間は、2019年1月18日〜31日。

調査対象は、全国2万3,035社、そのうち有効回答数は9,856社となっております。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

1.正社員が不足している企業は53.0%で1年前(2018年1月)から1.9ポイント増加し、1月としては過去最高を更新

○業種別では「放送」(76.9%)が最も高く、次いで「情報サービス」(74.8%)、「運輸・倉庫」(71.9%)が続き、3業種が7割を超えた。

○以下、「建設」「飲食店」「家電・情報機器小売」など6業種が6割台となった。

○また、「飲食店」は1年前の32位から5位まで上昇し、正社員の不足感は急速に強まっている。

 

2.非正社員では企業の34.4%で人手が不足していた(1年前比0.3ポイント増)

○「飲食店」の84.1%(同9.8ポイント増)が不足と感じており、依然として突出した高水準が続いている。

○「飲食料品小売」「娯楽サービス」などの接客業が上位にあがった。

○規模別では、「大企業」「中小企業」「小規模企業」全てで1年前を上回った。

 

3.人手不足感が強いほど賃上げに積極的である結果に

○人手不足の回答別に2019年度の企業の賃金改善見込みを分析したところ、「非常に不足」では67.5%の企業で賃金改善の予定が「ある」と見込んでおり、「不足」が67.6%、「やや不足」が59.6%で全体の55.5%をそれぞれ上回った。

○また、「適正」が52.0%、「過剰計」が41.4%でそれぞれ全体を下回り、人手不足感が強いほど賃上げに積極的である結果となった。

 


 

人手不足の状況が続く中、飲食店を中心とする接客業では、特に深刻な状況のようですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p190207.html

 

就活生、入社予定企業の決め手は「自らの成長期待」

  • 2019.02.21 Thursday
  • 11:02

株式会社リクルートキャリアの研究機関である就職みらい研究所では、学生調査モニターの大学生・大学院生を対象に「就職プロセス調査」を実施しました。

調査結果から、就活生の企業選びの軸に、変化の兆しがあることが判明しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

変わる企業選びの軸:「就職=就社」に変化の兆しが

○2019年卒学生に対して「就職先を確定する際に決め手となった項目」を尋ねたところ、「自らの成長が期待できる」が47.1%と、約半数が回答する結果となりました。

○学生のコメントからは、安定志向がうかがえるなか、「将来が見通しづらい社会では自らの成長こそが安定に繋がる」という声が多く挙げられました。こうした背景から、「入社の決め手」として、将来のキャリアにつながる「成長」を挙げる学生が多いと考えられます。

 

女性は男性と比べて、「決めて」となった項目が多い

○「就職先を確定する際に決め手になった項目」について男女別にみると、女性は「希望する地域で働ける」が46.4%で最も高く、次いで「自らの成長が期待できる(44.8%)」「福利厚生(住宅手当等)や手当が充実している(43.6%)」の順であった。

○男性は「自らの成長が期待できる」が49.0%で最も高く、次いで「福利厚生(住宅手当等)や手当が充実している(32.8%)」「希望する地域で働ける(28.9%)」の順であった。

 


 

下記グラフの示す通り、就職先を確定する決め手として「自らの成長が期待できる」が約半数となっています。

 

 

調査レポートでは、企業寿命が短くなる一方で、「人生100年時代」「職業寿命の伸長」という現象が生じ、「定年まで1社に勤めあげる」「新卒で入社した企業は一生安泰」という志向にも変化が見え始めていると分析しています。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190131-01/

 

定年延長のデメリット「年金減額の可能性」〜ミドルに聞く「定年延長」意識調査より〜

  • 2019.02.08 Friday
  • 09:54

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営するミドル世代のための転職サイト上で、サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に「定年延長」についてアンケート調査を実施しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○8割が定年延長に「賛成」。

○半数が70歳までの定年延長を「妥当」と回答。

 

○定年延長のメリットは「定期収入を得られる期間が延びる」。

○デメリットは「年金減額の可能性」

 

○7割が「定年延長はキャリアプランを見直すきかっけになる」と回答。

○大半が別企業への転職を検討。

 


 

定年延長のデメリットとして、多くのミドルが「年金減額の可能性」をあげています。

 

政府は、高年齢者雇用安定法の見直しにより、継続雇用年齢の上限を、現在の65歳から70歳への引き上げを検討しています。

また、それと相まって、老後の年金の繰下げ期間の見直しも検討しています。

 

人生100年時代が到来すると言われています。

いくつになっても、安心して働ける環境は重要な課題ですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/15972.html

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM