平成29年の労働災害発生状況

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 10:02

厚生労働省では、平成29年の労働災害発生状況を取りまとめ公表しました。

死亡災害は3年ぶり、死傷災害は2年連続で増加という結果になっています。

 

労働災害発生状況の概要は、下記の通りです。

 


 

1.死亡災害発生状況

○労働災害による死亡者数は978人で、平成28年の928人に比べ50人(5.4%)の増加となり、3年ぶりに増加となった。

○死亡者数が多い業種は、建設業が323人(前年比29人:9.9%増)、製造業が160人(同17人:9.6%減)、陸上貨物運送業が137人(同38人:38.4%増)となった。

 

2.死傷災害発生状況

○労働災害による死傷者数(死亡・休業4日以上)は120,460人で、平成28年の117,910人に比べ2,550人(2.2%)の増加となった。

○死傷者数が多い業種は、製造業が26,674人(前年比220人:0.8%増)、建設業が15,129人(同71人:0.5%増)、陸上貨物運送業が14,706人(同729人:5.2%増)、小売業が13,881人(同437人:3.3%増)となった。

 

3.事故の型別による死亡災害・死傷災害発生状況

(1)死亡災害

○高所からの「墜落・転落」が258人(前年比26人:11.2%増)、「交通事故(道路)」が202人(同16人:7.3%減)、機械などによる「はさまれ、巻き込まれ」が140人(同8人:6.1%増)となった。

(2)死傷災害

○つまずきなどによる「転倒」が28,310人(前年比1,158人:4.3%増)、高所からの「墜落・転落」が20,374人(同280人:1.4%増)、腰痛などの「動作の反動・無理な動作」が16,177人(同1,096人:7.3%増)となった。

 


 

下記のグラフの通り、労災事故の死亡者・死傷者数は長期的には減少傾向となっています。

しかしながら、昨年(平成29年)に関しては、死亡者数・死傷者数とも前年を上回る状況となりました。

 

 

労働災害を減少させるために、国や事業者、労働者等が重点的に取り組む事項を定めた中期計画である「第13次労働災害防止計画」では、死亡災害の15%、死傷災害の5%以上の減少を目標としています。

 

 

労災発生状況の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000209118.html

 

 

平成30年度「労働保険年度更新申告書の書き方」リーフレット

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 09:40

6月1日より、労働保険の年度更新手続きがスタートします。

厚生労働省では、平成30年度版の「申告書の書き方リーフレット」のダウンロードを開始しました。

 

 

毎年のこととはいえ、年に1回の手続きです。

慣れないことも多く、特に今年は労災保険料率の変更等もあり注意が必要です。

早めの準備をお勧めします。

 

 

リーフレットは、下記のサイトからダウンロードできます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/hoken/gyousei/index.html

 

 

雇用保険手続き、マイナンバーの記載が厳格化

  • 2018.03.19 Monday
  • 09:44

2018年3月1日更新の本ブログで、年金事務所への手続きにおいて、マイナンバー記載が必要となることをお伝えしました。

 

2018年3月1日更新:2018年3月5日より、年金事務所への手続きにはマイナンバーが必要です

http://sr-komaya.jugem.jp/?eid=278

 

ハローワークへ提出する雇用保険の手続きは、以前からマイナバーの記載を求められていましたが、未記入の場合でも処理されるケースが多く見られました。

しかしながら、今後は雇用保険の手続におけるマイナバーの記載が厳格化されることが発表されました。

 

平成30年5月以降、雇用保険の届出に関して、マイナバーの記載が必要な届出等について、マイナンバーの記載がない場合には補正のため返戻する場合があるとのことです。

 

 

ちなみに、マイナンバーの記載が必要な届出等は以下の通りです。

 


 

仝柩冓欷曳鑛欷閏垰餝兵萋斉

雇用保険被保険者資格喪失届

9眷齢雇用継続給付支給申請

ぐ藥休業給付支給申請

ゲ雜邉拔筏詆媚抖訖柔

 


 

詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/20180309hoken.pdf

 

 

 

平成30年度「雇用保険料率」が決定

  • 2018.02.05 Monday
  • 09:08

2018年1月18日更新の本ブログでもお伝えしましたが、平成30年度の雇用保険料率は現状と変わらず「据え置き」と決定されました。

 

2018年1月18日更新:平成30年度の雇用保険料率、据え置きの見込み

http://sr-komaya.jugem.jp/?eid=260

 

平成30年度の雇用保険料率は下記の通りです。

 

詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000108634.html

 

平成30年度の雇用保険料率、据え置きの見込

  • 2018.01.18 Thursday
  • 10:43

厚生労働省大臣の諮問機関である労働政策審議会は、2018年1月12日に、平成30年度の雇用保険料率を定める告示案要綱を「妥当」と認め、厚生労働大臣に答申しました。

この答申を踏まえ、平成30年度の雇用保険料率は、平成29年度の料率を据え置くこととなり、平成30年4月1日より適用となります。

 

なお、平成30年度の雇用保険料率は、下記の通りとなる予定です。

 

詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000190648.html