「働き方改革実行計画」ポイント〈その12〉〜女性・若者が活躍しやすい環境整備 

  • 2017.04.24 Monday
  • 09:47

働き方改革実行計画のポイント紹介。

今回のテーマは、「女性・若者が活躍しやすい環境整備」です。

 

労働力人口の減少に対応するため、出産や育児を経て職場に復帰する女性の活躍を後押しすることも重要な施策のひとつです。

また、就職氷河期に学校等を卒業し、正社員になれずに、やむを得ずフリーター等で働く若者の就業支援やキャリアアップ支援も重要な課題です。

働き方改革実行計画では、そのような方々が活躍できる環境整備について、下記の3つの対応策を示しています。

 

1.女性のリカレント教育など個人の学び直しへの支援や職業訓練などの充実

2.パートタイム女性が就業調整を意識しない環境整備や正社員女性の復職など多様な女性活躍の推進

3.就職氷河期世代や若者の活躍に向けた支援・環境整備の推進

 

今回は、その中の「2.パートタイム女性が就業調整を意識しない環境整備や正社員女性の復職など多様な女性活躍の推進」を紹介します。

 


 

【今後の対応の方向性】

 

子育て等により離職した女性の復職や再就職の支援を強化するとともに、就業調整を意識しないで働くことができるよう環境整備を行うなど、子育てや介護など多様な経験を持つ女性が活躍できる環境を整える。また、女性リーダーの育成を支援する。

 

【具体的な施策】

 

(パートタイム女性が就業調整を意識せずに働ける環境整備)

・短時間労働者が就業調整を意識せずに働くことができるよう、配偶者控除等について、配偶者の収入制限を103万円から150万円に引き上げる。なお、若い世代や子育て世帯に光を当てていく中で、個人所得課税の改革について、その税制全体における位置づけや負担構造のあるべき姿について検討し、丁寧に進めていく。

・短時間労働者への被用者保険の適用拡大の円滑な実施を図るとともに、2019年9月までに更なる適用拡大について必要な検討を行い、その結果に基づいて必要な措置を講ずる。

・企業の配偶者手当に配偶者の収入制限があることも、就業調整の大きな要因のひとつであり、労使の真摯な話し合いの下、前向きな取り組みが行われるよう、働きかけていく。国家公務員の配偶者に係る扶養手当の見直しについて、着実に実施する。

 

(子育て等により離職した正社員女性等の復職の推進)

・復職制度を持つ企業の情報公開を推進するため、復職制度の有無について、ハローワークの求人票に項目を新設するほか、女性活躍推進法の情報公表項目に盛り込むことを検討する。また、復職制度を導入して希望者を再雇用した企業を支援する助成金を創設する。

 

 

(女性活躍に関する情報の見える化・活用推進)

・労働時間や男性の育児休業の取得状況、女性の管理職比率など、女性が活躍するために必要な個別の企業の情報が確実に公表されるよう、2018年度までに女性活躍推進法の情報公表制度の強化策などについての必要な制度改正を検討する。

・女性や若者が働きやすい企業の職場情報について、ワンストップで閲覧できるサイトを構築するとともに、ESG投資を行う投資家、企業、就職希望者による活用を促す。

・女性活躍推進法に基づく女性が働きやすい企業(えるぼし)、次世代育成支援対策推進法に基づく子育てしやすい企業(くるみん)、若者雇用促進法に基づく若者が働きやすい企業(ユースエール)といった認定制度などを活用し、働き方改革の好事例の横展開を図る。

 

(ワーク・ライフ・バランス等を加点評価する調達の推進)

・調達の際にワーク・ライフ・バランス等推進企業を加点評価する取り組みを、国・独立行政法人等だけでなく、地方公共団体、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会や民間企業等でも取り組むよう促す。

 

(女性リーダーの育成等)

・女性リーダー育成モデルプログラムの普及とともに、役員候補段階の女性を対象にしたリーダー育成研修等の取組を推進する。また、企業等の組織トップが自ら女性活躍に取り組む機運を醸成する。

・女性を創業に関する支援など、女性活躍の取組支援を強化する。

 

 


 

パートタイマーとして働く女性の就業調整、いわゆる「103万円の壁」。

女性が活躍する上での阻害要因のひとつであると、多くの専門家が指摘しています。

政府は、この壁を150万円まで引き上げることを予定していますが、抜本的な改革とは程遠い状況ですね。

また、社会保険等の被用者保険の適用拡大に関しては、2019年9月までに必要な検討を行い、その結果に基づいて必要な措置を講ずると述べています。

社会保険の更なる適用拡大についても、視野に入れている姿勢が伺えますね。

 

働き方改革実行計画の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/hatarakikata.html#headline

 

 

次回は、「女性・若者が活躍しやすい環境整備」対応策の3つめである「就職氷河期世代や若者の活躍に向けた支援・環境整備の推進」について紹介したいと思います。

 

コメント
コメントする