東京都が発表した「2017年夏季一時金要求・妥結状況」【最終集計】

  • 2017.07.31 Monday
  • 10:36

夏のボーナスが支給された方も多いのではないでしょうか。

東京都では、7月24日に「2017年夏季一時金要求・妥結状況」の最終集計を取りまとめ公表しました。

この調査は、毎年、都内の1,000労働組合を対象に行われています。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

都内民間労組の夏のボーナス 平均妥結額は744,052円:対前年比0.59%減

〇既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な538組合の平均妥結額は744,052円で、これは平均賃金(317,690円・39.2歳)の2.34か月分に相当します。

〇同一労組の前年妥結額(748,500円)との比較では、金額で4,448円、率で0.59%下回りました。

〇産業別・業種別妥結金額の分析対象となった31業種のうち、対前年比が最も高かったのは、「建設業(21.19%)」、以下「食料品・たばこ(6.74%)」、「その他製造(5.19%)」となっています。

〇一方、対前年比が最も低かったのは、「サービス業(その他)(▲14.37%)」、続いて「金融・保険業(▲7.50%)」、「私鉄・バス(▲6.97%)」となっています。

 

平均要求額は800,311円 対前年比885円(0.11%)減

〇要求を提出した労働組合のうち、前年要求額と比較可能な585組合の平均要求額は800,311円でした。

〇同一労組の前年要求額(801,196円)との比較では、金額で885円、率で0.11%の減となりました。

 


 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/07/24/04.html

 

コメント
コメントする