10人未満の企業、3割超の従業員が「OJT経験なし」〜人材育成と能力開発の現状と課題に関する調査より〜

  • 2017.09.27 Wednesday
  • 10:26

独立行政法人労働政策研究・研修機構では、従業員30人未満の企業を対象として「人材育成と能力開発の現状と課題に関する調査」を実施しました。

調査結果から、10人未満の企業では、人材育成・能力開発の取り組みが効果的に実施されていない現状が伺えます。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

人材育成・能力開発の取り組み(企業調査)

 

〈10人未満の企業では約25%が人材育成・能力開発の方針を定めていない〉

〇10人未満の企業では、人材育成・能力開発について特に方針を定めていないところが4社に1社の割合(25.2%)。

〈企業が取り組んでいるOJTのトップは、「実践、経験」。仕事の相談に乗る企業も半数以上〉

〇企業が実施しているOJTのトップは、「とにかく実践させ、経験させる」(59.5%)。「仕事について相談に乗ったり、助言している」も半数(50.8%)が実施。

〇OJTがうまくいっている企業の割合は77.7%。うまくいっていない企業の割合が最も高い業種は「宿泊業・飲食サービス業」(29.8%)。

〇OJTがうまくいっている企業とうまくいっていない企業で、従業員の能力に対する満足度を比べると、うまくいっている企業の方が「満足している」割合が圧倒的に高い(非管理職の正社員の場合、85.4%:45.9%)。

〈OFF-JT実施企業のほぼ9割が効果を実感〉

〇平成27年度にOFF-JTを実施した企業は約4割(39.9%)。100人以上の規模になると7割以上が実施。

〇OFF-JTを実施した企業のほぼ9割(88.7%)が、効果があったと回答。

 

人材育成・能力開発の取り組み(労働者調査)

 

〈10人未満の中小ではOJT経験がない人が3割超〉

〇10人未満の会社に勤務する従業員の3割以上(34.2%)がOJTの経験がない。

〇平成27年度にOFF-JTを受講した従業員は1割台。30人未満の会社に勤務する従業員では9割以上が受講していない。

〇その一方で、受講したOFF-JTによって得られた技能・知識などが仕事に役立ったとする人は、正社員が86.0%、契約社員が91.3%、パートタイマー・アルバイトでも88.4%。

〈正社員の4割は、能力開発によって仕事の幅が広がったと認識〉

〇これまで仕事をしていく上で能力を高めてきたことで、正社員の4割(40.3%)が仕事の幅が広がったと回答。パート・アルバイトも3割以上(34.3%)が同様の実感。

 


 

10人未満の小規模企業では、「教える人がいない」「そもそも教育する時間が確保できない」などの問題があるようですが、下記の表の示す通り、現場での実践教育であるOJT経験がない人が3割超もいることは驚きですね。

 

苦労をして、せっかく採用した人材です。

しっかりと育て、会社を支える戦力として育成したいものですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.jil.go.jp/press/documents/20170831.pdf

 

コメント
コメントする