10月1日時点の大学生内定率は75.2%、調査開始以降同時期で過去最高

  • 2017.11.27 Monday
  • 10:25

厚生労働省と文部科学省では、来春3月の大学等卒業予定者の就職内定状況を調査し、平成29年10月1日現在の状況を取りまとめました。

大学生の就職内定率は75.2%(昨年同期比4.0ポイント増)となり、平成9年3月卒の調査開始以来、同時期での過去最高となりました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

〇大学(学部)は75.2%(前年同期比4.0ポイント増)

 

 

〇短期大学は39.4%(同2.2ポイント減)

〇大学等(大学、短期大学、高等専門学校)全体では72.6%(同3.0ポイント増)

〇大学等に専修学校(専門課程)を含めると70.8%(同2.8ポイント増)

 


 

売り手市場が続く中、就職内定率も堅調な推移をしているようですね。

 

ちなみに、高校生の就職内定率は、9月末時点で62.7%と前年同期比2.3ポイント上昇しており、こちらも堅調に推移をしているようです。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

 

【大学等卒業予定者の就職内定状況(10月1日現在)】

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000184815.html

 

【高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る内定状況(9月末現在)】

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000184713.html

 

コメント
コメントする