職場でのハラスメント「受けた・見聞きした」人は5割超〜ハラスメントと暴力に関する実態調査より〜

  • 2017.11.30 Thursday
  • 10:03

日本労働組合総連合会(連合)では、職場やプライベートにおけるハラスメントと暴力に関する実態を把握するため、「ハラスメントと暴力に関する実態調査」をインターネットリサーチにより実施しました。

対象は、全国の18歳〜69歳の有職男女1,000名となっております。

調査結果から、5割超の人が職場でハラスメントを受けたり見聞きしたことがあると回答しました。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

〇職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人は5割半ば

 ・パワハラが45%と最も多く、次いでセクハラが41%、ジェンダーハラスメントも25%にのぼる。

 ・マタハラは21%、ケアハラスメントは20%、SOGIハラスメントも14%に。

 ・職場でのハラスメントは「上司や先輩」から受けているケースが最も多い

 

〇ハラスメントを受けたものの「誰にも相談しなった」4割強

 ・ハラスメント被害の相談相手「職場の上司や人事担当者、同僚」が6割

 ・ハラスメント被害を相談しても、半数近くが「親身に聞いてもらえたが具体的な対応に進まなかった」

 

〇職場のハラスメントが原因で起こった生活上の変化

 ・「仕事のやる気がなくなった、ミス・トラブルが増えた」が約5割、「仕事を辞めた・変えた」は約2割

 ・日常生活にも支障「心身に不調をきたした」は3割強、「夜、眠れなくなった」は約2割

 


 

半数を超える人が、職場でのハラスメントを受けたり見聞きしたと回答しています。

 

また、パワハラやセクハラなどの代表的なハラスメント以外にも、SOGIハラスメントなど、ハラスメントの種類も多様化しています。

ちょっとした発言や対応も、ハラスメントと取られかねない風潮がありますね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20171116.pdf

 

コメント
コメントする