転職理由「待遇面での不満」上昇中

  • 2017.12.04 Monday
  • 09:45

パーソルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス)は、自社が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」に登録した転職希望者のうち4万人を対象に、転職理由についての調査を実施しました。

調査期間は、2017年4月〜9月の半年間となります。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

【総合結果】

給与や会社の評価方法への不満など、待遇改善のために転職を考える人の割合が上昇

〇今回は、2012年上半期から10回連続で「ほかにやりたい仕事がある」(13.1%)が1位。

〇次いで2位が「会社の将来が不安」(9.8%)、3位が「給与に不満がある」(8.8%)という結果。

〇「給与に不満がある」や「会社の評価方法に不満がある」など、待遇に関する不満を転職理由に挙げる人の割合が上昇。

〇一方で、「専門知識・技術を習得したい」や「幅広い経験・知識を積みたい」を挙げる人の割合は低下しており、仕事内容への不満を理由に転職を希望する人や、幅広い知見を持つゼネラリスト志向の人が減少傾向にあることが明らかとなりました。

 

 

【年代別】

いずれの年代も、待遇改善を転職理由に挙げる人が増加

〇「20代」は、2位「給与に不満がある」、8位「会社の評価方法に不満がある」の割合が特に上昇。

〇「30代」では、3位「給与に不満がある」、7位「会社の評価方法に不満がある」の割合が特に上昇。

〇「40代以上」でも、「20代」「30代」同様3位「給与に不満がある」、7位「会社の評価方法に不満がある」など、待遇に関する割合が上昇。

 

【男女別】

男性は待遇改善を理由に、女性は長期就業を理由に転職を希望する人が増加

〇「男性」の転職理由は、1位〜6位までと、8位、9位は前回と同様。また、3位「給与に不満がある」や「会社の評価方法に不満がある」など、待遇改善に関する転職理由の割合が大きく上昇しました。

〇「女性」の転職理由は、1位「ほかにやりたい仕事がある」、2位「給与に不満がある」、3位「残業が多い/休日が少ない」でした。転職希望者に占める女性の割合は増えており、求人数が多い今、やりたい仕事への転職を希望する人が増えています。

 


 

有効求人倍率がバブル期並みとなるなど、転職希望者にとって新たな職を探しやすい環境になっています。

そのような環境が影響してか、待遇改善を理由に転職を希望する人が増えているようですね。

新規人材の獲得のみならず、今いる人材を如何にして定着させるか。

悩みは尽きませんね・・・。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.persol-career.co.jp/news/research/2017/20171127_02/

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM