転職する際の入社の決め手は?〜リクルートエージェント登録者アンケートより〜

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 09:51

株式会社リクルートキャリアでは、自社の転職サービス登録者1,343名を対象にアンケート調査を実施しました。

テーマは「転職決定者に聞く入社の決め手とは?」。

調査結果は、「キャリアや成長への期待」を重視する傾向が見受けられる結果となりました。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

転職決定者に聞く入社の決め手は?

 

【全体結果】

〇『入社の決め手』の上位3項目は「経験やスキルが活かせる」「やりがいのある仕事に携われる」に次いで、「新しいキャリアを身につけられる、成長が期待できる」となった。

〇『転職先を選ぶ際に重視していた項目』と『入社の決め手』を比較した際、最も差があった項目は「新しいキャリアが身につけられる、成長が期待できる」であった。

 

【男女別結果】

〇『入社の決め手』を男女別で見た際、女性は男性に比べると、「勤務時間・休日休暇」「育児環境」「服装・オフィス環境」「職場の上司・同僚」の項目で10ポイント以上高かった。

〇特に、「勤務時間・休日休暇」の項目は、20ポイント以上高った。

 

【年齢別結果】

〇『入社の決め手』を年齢で見た際、30歳未満と30歳以上の平均値を比べると、30歳未満は「勤務時間・休日休暇」の項目で、10ポイント以上高かった。

 


 

全体としては、「経験やスキルが活かせる」「やりがいのある仕事に携われる」「新しいキャリアを身につけられる、成長が期待できる」など、仕事そのものを重視する傾向がみられます。

注目すべき点は、男女別の結果でしょうか。

 

男性と比べて女性は、「勤務時間・休日休暇」「オフィス環境」「育児の環境」など、条件面でシビアに見る傾向が強いですね。

将来または現在進行形で仕事と育児の両立を実現して、長く仕事を続けることを考えると、このような傾向もうなずけますね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2017/171122-01/

 

 

コメント
コメントする