「働き方改革」を実感していない、8割超〜第8回「ビジネスパーソン1000人調査」より〜

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 10:11

働き方改革が叫ばれる昨今です。

一般社団法人日本能率協会では、第8回「ビジネスパーソン1000人調査」を実施し、働き方改革に対する意識調査を行いました。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

1.「働き方改革」と聞いてイメージすること

〇男女とも「有休取得」「残業減」が2トップに。

〇次いで、「育児と仕事の両立」「女性活躍」「生産性向上」が上位に。

 

2.「働き方改革」を実感していない人、8割超

〇実感していない理由は、上位から「有休取りにくい」「給料格差なくならない」「残業減らない」。

〇対して、「働き方改革」を実感している人の理由は、上位から「残業減った」「有休取りやすくなった」「女性活用進んだ」。

 

 

3.「働き方改革」に向け、今後職場に望むこと

〇男女とも「有休取得」がトップに。

〇2位以下は、男性「長時間労働の是正」「管理者の意識改革」、女性「非正規社員から正社員への登用」「週休3日制の導入」。

 


 

上記のグラフからも分かる通り、「有休取得の促進」が全ての層でキーワードになっていますね。

本来の働き方改革の目的は、生産性の向上を実現することです。

処遇面の改善は手段であり、それが目的となってしまうことに違和感を感じますね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.jma.or.jp/news/release_detail.html?id=484

 

 

 

コメント
コメントする