賞与に関する企業の悩み、第1位は「評価・査定基準」〜中小企業の「冬のボーナス」実態調査より〜

  • 2018.01.12 Friday
  • 09:47

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営するサイトを利用している企業の人事担当者を対象に、「冬の賞与(ボーナス)」に関するアンケート調査を実施しました。

対象企業は、従業員数299名以下の企業474社となっており、比較的中小規模の企業が中心となっています。

 

アンケート結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

〇25%の企業は、昨年より冬季賞与が増額予定と回答。3年連続で「増加」が「減額」を上回る結果に。

〇賞与を「増額予定」の回答が多かった業種トップ3は、「IT・インターネット」「メーカー」「サービス」。「不動産・建設」は22%が決算賞与を支給。

〇賞与の増額率は「1〜3%未満」と「3〜5%未満」が半数。増額理由は「業績好調」「社員の意欲を向上させるため」。

〇「賞与」に関する企業の悩み。第1位は「社員への評価、賞与の査定基準」、第2位は「支給額の社員モチベーションへの影響」。

 


 

「賞与」に関する企業の悩み。

やはりと言うべきか、「評価・査定」に関する事項が第1位ですね。

 

アンケート結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2017/12035.html

 

コメント
コメントする