58%の企業にメンタル不調者が在籍〜企業の「メンタルヘルス対策」意識調査より〜

  • 2018.02.22 Thursday
  • 10:21

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営する人事担当者向け採用支援サイト上で、サイトを利用している企業の人事担当者を対象に「メンタルヘルス対策」に関するアンケート調査を実施しました。

調査結果では、58%の企業にメンタル不調者が在籍していることが明らかとなりました。

 

調査結果の概要を抜粋すると、下記の通りです。

 


 

〇52%の企業が「メンタル不調者が増えている」と回答。

〇58%の企業にメンタル不調者が在籍。

〇メンタル不調の原因は、人間関係、本人の性格、コミュニケーション不足。

 

〇71%の企業が、従業員のメンタル不調を把握。

〇把握方法のトップ3は、社員からの情報、ストレスチェック、定期健診。

 

〇59%の企業がメンタルヘルス対策を実施中。

〇有効な施策は、ストレスチェック、産業医の設置、労働環境改善。

 

〇ストレスチェックの実施率は、85%。46%の企業が「意義がある」と回答。

 


 

下記グラフが示す通り、本人の性格はあるものの、職場の人間関係やコミュニケーションの状況がメンタル不調の主な原因になっているようですね。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/12378.html

 

 

コメント
コメントする