東京都が発表した「2018年春季賃上げ状況」【中間集計】

  • 2018.05.29 Tuesday
  • 10:10

東京都では、都内の1,000労働組合を対象に、毎年、春季賃上げ要求・妥結状況を調査しています。

このたび、平成30年5月17日現在での中間集計結果をとりまとめ公表しました。

 

集計結果の概要は、下記の通りです。

 


 

都内民間労組の平均妥結額は5,462円:賃上げ率1.72%:対前年比7.37%増

〇既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な258組合の平均妥結額は5,462円で、これは平均賃金(317,944円・39.3歳)の1.72%に相当します。同一労組の前年妥結額(5,087円)との比較では、金額で375円、率で7.37%上回りました。

〇産業別・業種別妥結金額の分析対象となった20業種のうち、対前年比が最も高かったのは「道路貨物運送」(37.95%)、以下「情報サービス」(25.53%)、「その他運輸」(22.24%)となっています。一方、対前年比が最も低かったのは、「宿泊業・飲食サービス業」(▲24.58%)、続いて「化学工業」(▲6.24%)、「電子部品・デバイス・電子回路製造業」(▲3.74%)となっています。

 

平均要求額は8,025円:対前年比121円(1.53%)増

〇要求を提出した労働組合のうち、前年要求額と比較可能な383組合の平均要求額は8,025円でした。同一労組の前年要求額(7,904円)との比較では、金額で121円、率で1.53%の増となりました。

 


 

なお、最終集計結果は7月2日に公表される予定です。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/05/21/07.html

 

コメント
コメントする