ハローワークを通じた障害者の就職件数、9年連続で増加

  • 2018.06.14 Thursday
  • 10:00

厚生労働省では、平成29年度の障害者の職業紹介状況を取りまとめました。

 

概要は、下記の通りです。

 


 

○新規求職申込件数は202,143件で、対前年度比5.4%の増となり、また、就職件数は97,814件で、対前年度比4.9%の増となった。

○このうち、精神障害者の新規求職申込件数は93,701件で、対前年度比9.0%の増となり、また、就職件数では45,064件で、対前年度比8.9%の増となった。

 

○就職率(就職件数/新規求職申込件数)は48.4%で、対前年度差0.2ポイントの減となった。


 
就職件数 対前年度 就職率
身体障害者 26,756件 184件減 0.7%減 44.2%
知的障害者 20,987件 645件増 3.2%増 58.7%
精神障害者 45,064件 3,697件増 8.9%増 48.1%
その他障害者 5,007件 427件増 9.3%増 41.2%
合計 97,814件 4,585件増 4.9%増 48.4%

 

○産業別の就職件数は、多い順に、「医療・福祉」(35,566件:構成比36.4%)、「製造業」(13,595件:同13.9%)、「卸売業・小売業」(12,412件:同12.7%)、「サービス業」(10,288件:同10.5%)。

 


 

下記グラフの通り、障害者の就職件数は、近年右肩上がりの傾向を続けています。

 

本年4月1日からは、障害者の法定雇用率も引き上げとなりました。

中小企業においても、障害者雇用は他人事ではない問題になりつつありますね。

 

 

平成29年度障害者の職業紹介状況等の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000208340.html

 

障害者雇用制度の詳細は、下記のサイトをご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaisha/04.html

 

コメント
コメントする