男性の「育児休業取得率」急上昇!〜平成29年度雇用均等基本調査(速報版)より〜

  • 2018.06.19 Tuesday
  • 10:22

厚生労働省が公表した「平成29年度雇用均等基本調査(速報版)」では、育児休業取得者割合に関する調査項目について取りまとめています。

その中で、男性の育児休業取得者割合が急上昇していることが判明しました。

 

概要を見てみると。

 


 

【女性】

○平成27年10月1日から平成28年9月30日までの1年間に在職中に出産した女性のうち、平成29年10月1日までに育児休業を開始した者の割合は83.2%と前回調査より1.4ポイント上昇。

 

【男性】

○平成27年10月1日から平成28年9月30日までの1年間に配偶者が出産した男性のうち、平成29年10月1日までに育児休業を開始した者の割合は5.14%で、前回調査より1.98ポイント上昇。

 


 

過去の育児休業取得率の推移を見てみると。

女性は、平成19年度以降、コンスタントに80%以上の取得率で推移しており、在職中に出産した女性が育児休業を取得することは、もはや当たり前のことと言えるようになってきましたね。

一方、男性の取得率をみると、しばらくは高くても1%台という状況が続いていましたが、直近5年間で急上昇しています。

 

ワーク・ライフ・バランスを重視する男性が増えてきたということでしょうか。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-29.html

 

コメント
コメントする