テレワーク経験者の7割以上「今後もテレワークで働きたい」〜8,000名の社会人に聞く「テレワーク」実態調査より〜

  • 2018.07.24 Tuesday
  • 10:02

テレビや新聞等でも報道されていますが、昨日(7/23)より、テレワークデイズの取り組みが実施されています。

この取り組みは、総務省、厚労省、経産省や東京都などが連携し、働き方改革の国民運動として展開している取り組みです。

 

「テレワークデイズ」の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://teleworkdays.jp/

 

注目の集まるテレワークですが、エン・ジャパン株式会社では、自社の転職支援サービスを利用するユーザーを対象に「テレワーク」に関するアンケート調査を実施しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○テレワークの認知度は40%。17%の方がテレワーク制度のある会社での勤務を経験。

○8,341名のうちテレワーク経験者は4%。8割以上が在宅勤務型、半数が週に1〜2日利用。

○テレワークを利用して働いた理由、トップ3は「通勤時間の短縮」「仕事の効率化」「生産性向上」。

○テレワーク経験者の7割以上が「今後もテレワークで働きたい」と回答。

○テレワークで働きたい理由は「時間が有効活用できる」、「通勤のストレスがない」。

○働きたくない理由は「仕事とプライベートを分けたい」、「時間管理への不安」。

○テレワーク未経験者の40%が「テレワークで働きたい」と回答。

 


 

テレワーク経験者の7割以上の方が、「今後もテレワークで働きたい」と回答しています。

 

 

通勤時間の短縮や、それに伴うストレスの軽減等が主な理由のようです。

いずれにしても、働く方にとっては評判の良い働き方のようですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/13944.html

 

 

コメント
コメントする