東京都が発表した「2018年夏季一時金要求・妥結状況」【最終集計】

  • 2018.07.30 Monday
  • 10:42

東京都では、2018年7月19日現在の、夏季一時金要求・妥結状況(最終集計)を取りまとめ公表しました。

対象は、都内の1,000労働組合となっています。

 

集計結果の概要は、下記の通りです。

 


 

都内民間労組の夏のボーナス:平均妥結額777,902円 対前年比13,660円(1.79%)増

○既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な465組合の平均妥結額は777,902円で、これは平均賃金(320,081円:39.5歳)の2.43か月分に相当します。

○同一労組の前年妥結額(764,242円)との比較では、金額で13,660円増加(1.79%増)しました。

○産業別・業種別妥結金額の分析対象となった28業種のうち、対前年比の増加率が最も大きかったのは、「繊維、衣服」(16.61%)、以下「情報通信機械器具製造業」(15.56%)、「電気機械器具」(9.37%)となっています。

○一方、対前年比の減少率が最も大きかったのは、「その他運輸」(▲14.05%)、続いて「私鉄・バス」(▲12.17%)「パルプ、紙、紙製品」(▲5.98%)となっています。

 

平均要求額は834,327円 対前年比29,100円(3.61%)増

○要求を提出した労働組合のうち、前年要求額と比較可能な506組合の平均要求額は834,327円でした。

○同一労組の前年要求額(805,227円)との比較では、金額で29,100円増加(3.61%増)しました。

 


 

月例賃金同様に、ボーナスの支給金額も堅調に推移しているようですね。

 

 

集計結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/07/23/09.html

 

コメント
コメントする