「働き方は人並みで十分」過去最高を更新〜平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査より〜

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 11:40

公益財団法人日本生産性本部と一般社団法人日本経済青年協議会では、平成30年度の新入社員を対象に、「働くことの意識」調査結果を実施し結果を公表しました。

対象は、平成30年度に入社した新入社員1,644名です。

なお、この調査は、昭和44年度に実施されて以来50回目を数え、我が国で最も歴史のある調査です。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

「働く目的は?」

○過去最高だった昨年より減少したものの、「楽しい生活をしたい」(昨年度42.6%⇒今年度41.1%)が過去最高水準で最も多い。

○次いで、「経済的に豊かな生活を送りたい」(26.7%⇒30.1%)が過去最高を更新。

○一方、「自分の能力を試す」は過去最低(10.9%⇒10.0%)。

○一時増えていた「社会に役立つ」(9.2%⇒8.8%)は減少が続いている。

 

「人並み以上に働きたいか?」

○「人並みで十分」が過去最高を更新(57.6%⇒61.6%)し、6割を初めて超えた。

○減少が続く「人並み以上に働きたい」(34.9%⇒31.3%)との差も過去最高の30.3%(昨年度22.7%)に開き、2倍近い差となった。

 

「デートが残業か?」

○「残業」が(71.0%⇒68.5%)で「デート」(28.7%⇒30.9%)と、「デート派」が3割に戻した。

 

「若いうちは進んで苦労すべきか?」

○「好んで苦労することはない」が過去最高(29.3%⇒34.1%)となった。

 

「どのポストまで昇進したいか?」

○「社長」が過去最低(10.3%)で過去最高だった「主任・班長」の10.4%を下回った。

○また、過去最高水準の「どうでもよい」(17.4%)がこれまで一番多かった「専門職」(16.5%)を抜いて、今年は一番多かった。

 


 

下記のグラフの通り、働き方に関しては「人並みで十分」と考える新入社員が初めて6割を超え、過去最高を更新しました。

 

若者の考え方や意識は、時代と共に変化するということは分かっているつもりですが。

ちょっと心配になる結果ですね・・・。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://activity.jpc-net.jp/detail/mcd/activity001538/attached.pdf

 

 

コメント
コメントする