「プライベート重視」VS「仕事のやりがい重視」 世代間にギャップあり

  • 2018.10.04 Thursday
  • 10:07

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」では、20代〜60代の会社員1,200名を対象に「転職に対するイメージ」「理想の働き方」についてアンケート調査を実施しました。

調査結果から、もはや「転職」が当たり前の時代に突入し、全世代の過半数が転職に対して前向きにとらえている実態が判明。

一方、理想の働き方実現のために求める重要要素では、世代間のギャップが浮き彫りになりました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

1.「転職」が当たり前の時代に!?転職に対してポジティブに捉えている人が全世代で過半数に!

○全世代(20代〜60代)における会社員の56.4%が、転職をポジティブなものだと捉えていた。

○さらに各世代において、すべてポジティブがネガティブを上回る結果に。

○20代、30代の会社員の70.8%は、自分の転職について親が「賛成してくれると思う」と回答。

○また、自分の子供の転職について「賛成」と回答した50代、60代は64.3%にも上った。

 

2.理想の働き方が出来ない今の職場。ミレニアル世代とシニア世代では求めるものに違いが!

○約半数(49.9%)の会社員が、「現在の会社では理想の働き方ができない」と思っている。

○全世代(20代〜60代)のうち、転職経験が無い会社員の約3人に1人が、現在転職を考えていることが判明。

○理想の働き方を実現するために求めるものは世代間で違いあり。

 ・ミレニアル世代の20代では「プライベート」を重視する傾向があり、

 ・シニア世代の50代では「仕事へのやりがい」を重視する傾向が明らかに。

 


 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.persol-career.co.jp/pressroom/news/research/2018/20180919_01/

 

 

コメント
コメントする