管理職希望の女性は25% 希望しない理由は「ワークライフバランスの不安」

  • 2018.10.05 Friday
  • 10:06

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営する女性向け求人情報サイト上で、「女性の活躍」をテーマにアンケート調査を実施しました。

調査から、管理職への志望意欲のある女性は全体の25%となっており、必ずしも高い数値とはいえない結果となっています。

また、志望しない理由として「ワークライフバランスの不安」がトップとして挙げられています。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○管理職への志望意欲、25%が「ある」と回答。

○志望する理由トップ3は「給与アップ」「仕事の幅の拡大」「責任ある仕事への挑戦」。

○一方、ワークライフバランスへの不安も。

 

○7割の女性が「女性が活躍している会社で働いたことがある」と回答。

○女性が活躍していると感じる理由は「女性管理職や役員がいる」「勤務年数の長い女性の数が多い」。

 

○会社で女性が活躍するために大切なこと、「産休・育休制度の使いやすさ」「柔軟な勤務体系」「平等な評価制度」。

 


 

下記のグラフでも示す通り、社内で女性が活躍するためには、子育てと仕事を無理なく両立できる柔軟な制度運用が求められているようですね。

また、短時間勤務や在宅勤務等の変則的な勤務形態でも、平等に評価される仕組みも多くの女性に求められる要素のようです。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14724.html

 

コメント
コメントする