東京都が取りまとめた「2018年年末一時金要求・妥結状況(最終集計)」

  • 2018.12.27 Thursday
  • 10:21

東京都では、2018年年末一時金要求・妥結状況の最終集計を取りまとめ、公表しました。

これは、東京都が例年、都内の1,000労働組合を対象に調査しているものです。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

都内民間労組の冬のボーナス 平均妥結額は782,020円 対前年比14,132円(1.84%)増

○既に妥結した労働組合のうち、前年妥結額と比較可能な504組合の平均妥結額は782,020円で、これは平均賃金(318,856円・39.7歳)の2.45ヶ月分に相当します。同一労組の前年妥結額(767,888円)との比較では、金額で14,132円増加(1.84%増)しました。

○産業別・業種別妥結金額の分析対象となった29業種のうち、対前年比の増加率が最も高かったのは、「鉄鋼業」(15.15%)、以下「情報通信機械器具製造業」(13.41%)、「教育、学習支援」(6.67%)となっています。一方、対前年比の減少率が最も大きかったのは、「その他運輸」(▲12.62%)、続いて「金属製品」(▲10.59%)、「情報制作(出版等)」(▲6.62%)となっています。

 

平均要求額は827,087円 対前年比23,603円(2.94%)増

○要求を提出した労働組合のうち、前年要求額と比較可能な547組合の平均要求額は827,087円でした。同一労組の前年要求額(803,484円)との比較では、金額で23,603円増加(2.94%増)しました。

 


 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/12/17/06.html

 

コメント
コメントする