ミドルの8割以上がパワハラを受けた経験あり〜ミドルに聞く「パワハラ」実態調査より〜

  • 2019.03.05 Tuesday
  • 10:16

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営する転職サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に「パワーハラスメント」に関するアンケート調査を実施しました。

回答数は2,911名となっています。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

○8割以上が「パワハラを受けたことがある」と回答

○パワハラの被害第1位は「精神的な攻撃」

○パワハラを受けた3人に1人が「退職」を選択

○パワハラ防止に有効だと感じるのは「第三者機関によるチェック」「厳罰化」「定義の明確化」

 


 

8割以の方が、過去にパワハラを受けた経験があると回答しています。

また、具体的な被害内容は、下記の通り「精神的な攻撃」となっています。

 

パワハラか否かの判断は、個別の事案によって判断されるので難しい点はありますが。

上記のような行動は、厚労省がパワハラとして類型化しているものでもあります。

業務上の必要性を逸脱していないか、注意が必要ですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/16367.html

 

コメント
コメントする