残業の減少理由「残業規制による強制的な退社」が最多〜ミドル2000人に聞く「残業時間」実態調査より〜

  • 2019.05.17 Friday
  • 10:18

エン・ジャパン株式会社では、自社が運営するミドル世代向け転職サイトを利用している35歳以上のユーザーを対象に、「残業時間」についてアンケート調査を実施しました。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

【自社の残業時間の増減傾向】

○5割が「変わらない」と回答。

○残業時間が減少傾向の業種は「金融」「IT・インターネット・ゲーム」「広告・出版・マスコミ」。

○増加傾向は「メディカル」「流通・小売・サービス」「物流・運輸」。

 

【残業時間の増加理由】

○増加理由は「社員の退職・異動」、減少理由は「残業規制による強制的な退社」が最多。

 

【月間の残業時間】

○3割が「月間40時間以上残業している」と回答。

 

【残業規制について】

○7割が残業規制や撤廃に賛成。

○賛成の理由トップ3は「自分の時間ができる」「業務効率が上がる」「周囲を気にせず退社できる」。

○一方、「サービス残業を助長する」「残業代がなくなり収入減になる」といった反対の声も。

 


 

残業時間が減少傾向となっている理由は、「残業規制による強制的な退社」が最多となりました。

 

当然のことですが、罰則付きの法律改正の効果は大きいようですね。

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://corp.en-japan.com/newsrelease/2019/17005.html

 

コメント
コメントする