平成30年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」

  • 2019.05.27 Monday
  • 09:52

5月では観測史上最高と言う異常な暑さが続いています。

そんな中、厚生労働省では、平成30年の「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」を取りまとめ公表しました。

 

概要は、下記の通りです。

 


 

1.職場における熱中症による死傷者数の推移

○平成30年における職場での熱中症による死亡者数は28人と、平成29年と比べて2倍となりました。

○死傷者数は、1,178人と前年の2倍を超えました。

○熱中症による年間に死傷者数は、近年400〜500人台でしたが、1,000人を超えたのは、過去10年間で最多となっています。

 

2.業種別発生状況

○死亡者数を業種別にみると、建設業が10人と前年同様最も多いのですが、前年死亡者のいなかった製造業で5人、運送業で4人発生しています。

○特に屋内作業での増加が目立っています。

○死傷者数では、警備業が前年のほぼ3倍、製造業、運送業が前年のほぼ2倍となっています。

 

 


 

定年後の継続雇用制度の定着など、高齢の従業員さんが占める割合も多くなっています。

これから、暑さが本格化するとともに、熱中症のリスクもさらに高まってきます。

早めの対策を心掛けたいものですね。

 

 

熱中症による死傷災害の発生状況の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04759.html

 

 

コメント
コメントする