ものづくり産業における技能継承の現状と課題に関する調査

  • 2019.07.12 Friday
  • 10:16

独立行政法人労働政策研究・研修機構では、「ものづくり産業における技能継承の現状と課題に関する調査」を実施し、結果を公表しました。

この調査は、ものづくり産業における技能継承問題はより深刻化しているのか、その現状と技能継承にかかる課題等を把握するため、従業員30人以上の企業に対してアンケート調査を実施したものです。

 

調査結果の概要は、下記の通りです。

 


 

1.ものづくり企業における技能継承の取り組み

○大多数の企業が技能継承を重要と認識するものの、うまくいっている企業は半数弱

○約8割のものづくり企業が将来の技能継承を不安視

○技能継承がうまくいっていない理由のトップは「若年ものづくり人材が十分に確保できない」

 

2.ものづくり企業における人材育成・能力開発の取り組み

○技能者の人材育成・能力開発の取り組みがうまくいっていると認識する企業は約55%

 

3.技能継承がうまくいっている企業の特徴

○採用・定着が順調な企業、若手中心企業の方が、技能継承がうまくいっている企業割合が高い

 


 

技能承継を進めるための取組としては、下記のグラフが示す通りです。

ポイントは、熟練の技術者が長く働ける環境整備と、継承すべき技術の見える化のようですね。

 

 

調査結果の詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.jil.go.jp/press/documents/20190606.pdf

 

 

 

コメント
コメントする