精神障害に関する労災補償状況〜平成30年度「過労死等の労災補償状況」より〜

  • 2019.07.23 Tuesday
  • 11:18

厚生労働省では、平成30年度の「過労死等の労災補償状況」を取りまとめ公表しました。

ここでは、近年増加傾向である、精神障害に関する事案の労災補償状況を紹介します。

 


 

1.請求件数

○請求件数は1,820件で前年度比88件の増。

○うち未遂を含む自殺件数は前年度比21件減の200件。

 

2.支給決定件数

○支給決定件数は465件で前年度比41件の減。

○うち未遂を含む自殺件数は前年度比22件減の76件。

 

3.業種別件数

【請求件数】

○「医療・福祉」320件

○「製造業」302件

○「卸売業・小売業」256件

【支給決定件数】

○「製造業」82件

○「医療・福祉」70件

○「卸売業・小売業」68件

 

4.業種別件数

【請求件数】

○「専門的・技術的職業従事者」457件

○「事務従事者」392件

○「サービス職業従事者」231件

【支給決定件数】

○「専門的・技術的職業従事者」118件

○「販売従事者」62件

○「事務従事者」「サービス職業従事者」59件

 

5.年齢別件数

【請求件数】

○「40〜49歳」597件

○「30〜39歳」491件

○「20〜29歳」332件

【支給決定件数】

○「40〜49歳」145件

○「30〜39歳」122件

○「20〜29歳」93件

 


 

下記グラフの示す通り、精神障害に関する労災請求件数は、年々増加傾向にあります。

職場でのメンタルヘルス管理は、必須の要件になっていますね。

 

 

詳細は、下記のサイトでご覧いただけます。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_05400.html

 

コメント
コメントする