2019年冬のボーナス見通し

  • 2019.11.26 Tuesday
  • 11:03

今年も、冬のボーナス支給の時期が近づいてまいりました。

民間のシンクタンク4社では、2019年冬のボーナスの見通しを発表しました。

各社とも、冬のボーナスとしては4年ぶりの減少を予測しています。

 

各社の概要は、下記の通りです。

 


 

【三菱UFJリサーチ&コンサルティング】

○2019年冬の民間企業のボーナスは、前年比▲0.4%と4年ぶりに減少に転じると予測する。

○もっとも、企業業績にやや陰りがある一方で、雇用情勢は依然として良好であり、パートタイム労働者比率の上昇と、ボーナスの支給労働者数の増加が一人当たり支給額を下押しすると考えられる。

 

【日本総研】

○今冬の賞与を展望すると、民間企業一人当たりの支給額は前年比▲0.8%と、年末賞与としては4年ぶりのマイナスとなる見込み。

○背景には、2019年度上期の企業収益の伸び悩み。外需の下振れを受けて減収となるなか、経常利益は、2019年4〜6月期に前期比▲5.0%と2四半期ぶりの減益。

 

【第一生命経済研究所】

○民間企業の2019年冬のボーナス支給額を前年比▲1.5%と予測する。

○19年夏に続いて、2季連続の減少となるだろう(冬のボーナスとしては4年ぶりの減少)。

 

【みずほ総合研究所】

○2019年冬の民間企業の一人当たりボーナス支給額は、前年比▲2.1%と4年ぶりの減少を見込む。

○所定内給与の伸びは鈍化、支給月額は減少。

 


 

各社のレポートは、下記のサイトよりご覧いただけます。

 

【三菱UFJリサーチ&コンサルティング】

https://www.murc.jp/wp-content/uploads/2019/11/news_release_191111.pdf

 

【日本総研】

https://www.jri.co.jp/MediaLibrary/file/report/research/pdf/11405.pdf

 

【第一生命経済研究所】

http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/pdf/macro/2019/shin1911082.pdf

 

【みずほ総合研究所】

https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/jp191111.pdf

 

コメント
コメントする